髭を薄くする方法は何が良いのか

ヒゲを薄くするには

 

男性の髭を薄くする方法は様々あり、ローションを塗ったりサプリを飲んだり脱毛クリームやエステでの脱毛などがあります。

 

また、お金をかけずに食べ物やサプリで何とかならないかと思う人もいるでしょう。

 

この様にヒゲを薄くするには様々な方法がありますが、即効性を求めるなら脱毛で髭を抜いてしまう事です。

 

しかし髭の脱毛は何かと費用がかかります。

 

 

費用を考えると食事やサプリで体の中から髭の発毛に影響を与える事を考えるかも知れませんが、それだと効果が見えるまで時間がかかります。

 

そうなるとローションを直接髭に塗って薄くしていくと言う方法が、手っ取り早く自分でできる最善の方法と言えます。

 

例えば薄毛や抜け毛に悩む人もサプリや食事に気を使うより、頭皮に直接塗る育毛剤をメインに使用するのが一般的です。

 

市販されている多くの育毛剤や発毛促進剤はローションを頭皮に直接塗るタイプになっていますが、これは直接塗る事が有効だという裏付けにもなります。

 

髭も毛髪の一種なので、髭を薄くしたい場合は発毛を促進する育毛剤の逆の効果のある事をすれば良いので、髭を薄くするローションは変な物ではないし、理にかなっていると言えます。

 

髭を抜くと埋没毛になる可能性も

ちなみに、抜いてしまうのが早い!と思い自分で髭を抜いてしまう人もいると思いますが、雑な抜き方をすると「埋没毛」となってしまう事もあるので注意が必要です。

 

 

 

しかし、「それはわかるがローション系では何が良いか?」と迷う人も多いでしょう。

 

そこで髭を薄くする商品で有名なZローションと、VIDAN THE KID(ビダンザキッド)の成分や値段を比較してみましたが、髭を薄くするローションでしっかりした物となればこの2つを知っておけば良いでしょう。

 

どちらを選ぶかという話になると、成分で見ればZローション、手軽に始められるのがVIDAN THE KID(ビダンザキッド)と言えそうです。


髭を薄くする成分の比較

ゼロファクターもビダンザキッドも髭を薄くするタメに男性ホルモンの量を正常化し、男性ホルモンを減らす方向になっているので成分も似た感じになっているのがわかります。

 

ゼロファクターとVIDAN THE KID(ビダンザキッド)の比較表

ゼロファクター VIDAN THE KID
大豆 ◯(ダイズ種子エキス)
ザクロ ◯(ザクロ花エキス)
ガウクルア(プエラリア) ×
パパイン ×
ジオウ ×
チョウジ ×
オウゴン ×
サンショウ ×
ヒオウギ ×
アロエ ×
パシャンベ ×
豆乳発酵液 ×
ハマメリスエキス ×
アルニカエキス ×
加水分解コラーゲン ×
100mlで9,000円(税抜) 20枚入りで3,980円(税抜)

 

Zローションは多種の成分を配合

成分を見るとZローションの方が色々な成分が含まれているのがわかり、最近流行りの女性ホルモンを増やすプエラリアも入っているのも注目すべきところでしょう。

 

VIDAN THE KID(ビダンザキッド)は成分の浸透と濃度重視

一方のVIDAN THE KID(ビダンザキッド)にも女性ホルモンに作用する基本の成分はしっかり入っていますが、成分ではなくピーリングにより成分の浸透を高め、さらに肌に浸透した後の事も考えられていると言えます。

 

また成分の数が少ないという事は、入っている成分の濃度や配合量は多いという事ができます。

 

 

成分の評価をまとめると次の様な事が言えます。

 

Zローション:豊富な成分をナノ化して肌への浸透力を高めている。

 

VIDAN THE KID(ビダンザキッド):肌状態を正常化し、成分が浸透した後に肌の中で成分が細胞に行き渡りやすくしている。

 

 

VIDAN THE KID(ビダンザキッド)は肌へ浸透させる事があまり考えられていないのか?と思うかも知れませんが、パックの様に肌に貼り付け成分の蒸発を防ぎながらじっくり浸透させる方法は有効で、フィスマスクによるケア方法はすでに女性の美容ではおなじみです。

 

この事からVIDAN THE KID(ビダンザキッド)はフェイスマスクタイプにして成分の肌への浸透をカバーしていると言えます。

通販の販売店と価格比較

では値段はどうでしょう?

 

髭を薄くするタメに考えられた「Zローション」と「VIDAN THE KID(ビダンザキッド)」ですが、どこで売ってるのか知るタメに、楽天やAmazonなどの販売店や通販ではどの位の値段で販売されているのか最後に確認し比較しておきます。

 

Zローションの値段は定価が1ヶ月分100mlで9,000円(税別)。

 

VIDAN THE KID(ビダンザキッド)の値段は定価が1ヶ月分20枚入りで3,980円(税別)です。

 

通販の価格比較表

販売店 Zローション VIDAN THE KID
楽天市場 12,856円
  • 単品:4,190円〜
  • 2個セット:8,400円〜
  • 3個セット:12,636円
  • 5個+1個無料:21,000円
Amazon 販売なし 単品:4,212円
公式ストアー
  • 初回限定6,480円
  • 定期購入:6,026円
  • 再購特別価格:6,480円
  • 再購入3本セット:18,338円

 

*お試し継続コース
初回980円(税抜)2本目からは6,480円

  • 単品:4,212円
  • 2個セット:8,424円
  • 3個セット:12,636円
  • 4個+1個無料:16,848円
  • 5個+2個無料:21,060円
  • 8個+3個無料:33,696円
  • 10個+5個無料:42,120円

 

もしどちらかを選ぶとしたら選ぶ目安としてこう考えてみてはどうでしょうか。

 

  • Zローション:女性ホルモン成分が多く肌への浸透力を高める工夫がされている。
  • VIDAN THE KID(ビダンザキッド):肌の内側で成分を吸収しやすくし、肌への浸透力はマスクでパックする事により高めている。

 

Zローションは定期購入の初回が安い

ゼロファクターのお試しコースは初回980円と安いですが、2本目からは6,480円になるので価格が安いのはVIDAN THE KID(ビダンザキッド)です。

 

 

VIDAN THE KID(ビダンザキッド)に定期購入はない

VIDAN THE KID(ビダンザキッド)には定期購入がなく、割引を求めるならまとめ買いになります。

 

まとめ買いは4個以上だと1個あたりの価格がさらに安くなりますが、楽天で5個+1個サービスの計6個が21,000円で販売されているのに対し、公式販売だと5個+2個サービスの計7個で21,060円と、公式販売の方が同じ値段で1個多く購入する事ができます。

 

 

最低でも3ヶ月は使いたいところ

また美容化粧品などは最低でも3ヶ月は使用しないと変化は表れないと言われますが、髭も肌に関係する事なので3ヶ月〜6ヶ月の使用が推奨されますが、4・8・10枚セットがあるのも公式販売の特徴でこの枚数のセットは楽天では販売されていません。

 

セットにして販売しているのは、使用をやめると髭が元に戻るので継続して使う必要があるからですが、楽天やamazonを見てもVIDAN THE KID(ビダンザキッド)の口コミが無いのは、多くの枚数を購入するなら公式サイトがお得なので公式サイトから購入している人が多いという事なのかも知れません。

 

また、公式サイトで購入していればバージョンアップした場合でも古い製品を買ってしまう心配もなく、安心といえば安心です。

 

VIDAN THE KID(ビダンザキッド)は毎月自動的に届く定期購入をする必要もないので、気軽に始められると言えます。